S難民が大量発生していると言われているVRアダルト界ですけど、最近は無理やり系・ダーク系・レ◯プ系のVRも増えてきました。その中でもこれはなかなかいいんじゃないでしょうか!あべみかこちゃんの妹モノです!!

無理やり犯された妹が、最終的には「おにいちゃんのおちんぽすきぃ…」と言い出す……という薄い本的なノリを許容できれば、かなりエロいVRだと思いますよ。シリーズ化してほしいなあ。
55tmavr00067pl
【VR】長尺VR 生意気な妹に抵抗され睨まれ、罵倒されながら無理矢理近親相姦する兄、嫌がっても兄妹の体の相性は抜群でイキ狂いチンポ堕ちする妹 あべみかこ

「自分」は、無気力な引きこもりで家族からもすっかり疎まれている…という設定。妹に罵倒され、腹いせに風呂を覗いてスッキリしようとしたけど、かえってムラムラしちゃってそのまま妹を襲ってしまう!という、まあド外道ですな。陰キャ設定ここに極まれり!

なんですが……。こういう設定ノリノリで見られちゃうんだよな~。しかもエロいねえ。あべみかこちゃんのちょっとヤンキー入ったツンツン妹がたまらなく生意気で可愛いです。こういう跳ねっ返りなタイプを無理やり襲って屈服させる!……って最高に興奮する!
SnapCrab_NoName_2019-5-9_18-42-16_No-00
まずはチャプター1。妹の脱衣や風呂を覗くのは背徳感たっぷりでドキドキする。そしてそのあと、部屋で襲いかかってそのまま立ちバックでレ◯プ。(壁紙が汚いのがリアルだ……)

さらに馬乗りになって強制フェラ→正常位で嫌がるのを無視して中出しフィニッシュ。

チャプター2は電マでいぢめて、家族がいる前で忍ばせたローターのスイッチをONに。さらに頭をガッチリつかんでのイラマチオ。
SnapCrab_NoName_2019-5-9_18-42-7_No-00
このイラマチオがめっちゃエロい!ここは本当に嫌がっている表情がたまらなくてS心をくすぐられまくり。生意気な妹を屈服させた、という征服感があります。

本番はないけどこのチャプター2が一番よかったかも。

チャプター3はいわゆる「堕ち後」ですね。もう完全にエロ同人のノリです。トゲトゲがすっかりとれた妹が「すきぃ…おにいちゃんのおちんぽすきぃ…」とか言い出しちゃう。精神年齢も下がっちゃってますね……。

エロ漫画ではよくある展開ですが、3次元で見るとなんかモヤモヤする。まあファンタジーだと思えばいいでしょう。なんと言ってもFANZAのファンはファンタジーのFANですから。


画質はHQにしては普通。ちょっと細人化してるかも?でもあべみかこちゃんがロリ体型だから、ハッキリわからない。気になるほどじゃないです。全体的にチンポジが少し低めなのだけ引っかかった。調整できればなあ。FANZAのプレイヤーまたアップグレードして~。

しかし、これはなかなか良かったですよ!!おすすめです!



……というわけでそのままの勢いでTMAの新作を買ってしまいました。ランキング1位だったし。その名もズバリ【VR】長尺VR 女子○生レイプVRド直球タイトルですね。

結論から言うと、こちらも悪くないですが、管理人は上のあべみかこちゃんの動画のほうが好き。
55tmavr00068pl
【VR】長尺VR 女子○生レイプVR

こっちはもっと悲壮感があって泣き叫ぶようなVRになっているので、本当に好きな人向けですね。悲鳴とか脅えた顔に興奮するって人にはたまらないと思いますよ。半野外ですが、画質もかなり良い。実用性はバッチリでしょう。


ただ、この動画、パケやサンプルではわかりづらいですが、相方の男の存在感がものすごく強いです。相方の帽子の男&オジサン(同一人物なの?)が主犯で、自分はサブ、おこぼれをもらうような形なんですわ。相方が親分で自分が子分的なポジション。みんな相方が先に挿れちゃうしな。

全員フィニッシュありですが、やっぱり管理人は自分ひとりで独占するか、自分が主犯で相方は黒子役に徹してくれるほうが好きだな~と思った。そこがノリきれず……。


でも数少ないレイプものVRとしては頭ひとつ抜けた出来だと思う。どちらかというと泣き叫ぶ女の子を無理やり犯す「臨場感」を味わうVRだと思う。鬼畜なVR見たい人にはおすすめです。特に「男2女1の3Pレ◯プが好き!」という人には至高のVRだと思いますね。


こういうのばっか見てたら胸焼けがしそうですが、たまにはいいな~。しかしここまでリアルだとVRとはいえ罪悪感がある(笑)

普通のAVだったら、どんなハードな内容の作品を見ても罪悪感なんてまったく無かったけど、VRだと何だか胸にクるものがありますね。そのうち拷問VRとか出てくるんだろうなあ…こわいなあ…買うけど。


というわけで「VRだったら、リアルな凌辱モノより、エロ同人的なファンタジー凌辱のほうがいいな……」と気がついた初夏の午後でした。今年も暑くなりそう。